パターンブロックと2歳10ヶ月の息子。と、モンテッソーリ教育のすごさを再確認した日。

こんにちはSIO@BKKです

土曜日にメールが来ました

「明日 日曜日のパターンブロック まだ空きがあるのでご興味あれば是非」

以前 パターンブロックに参加した時にメールアドレスを登録していたので、そこからのお誘いメールでした。

パターンブロックとは?
アメリカやヨーロッパで盛んなHands/On/Learning(活動を通して学ぶ)の最も代表的な教材です。正三角形、六角形、 正方形、台形、平行四辺形、ひし形のブロックが入った学習材。
パターンブロックのピースを組み合わせることで、数量や図形に対する考察をすることができます。
pb

初めてパターンブロックに参加したのは確か息子がまだ2歳になったばかりの頃。

その時は他の子供のパターンブロックを取るは、他の部屋の本に興味が移り部屋から脱走するわで開始20分くらいで帰った苦い思い出

彼にとってはまだ色や形に対する敏感期(興味)になっていなかった(早かった)ようです。

現在3歳を目前に控えた息子は現在色々な言葉や数字に興味津々

日本であれば色々なお教室やワークショップがあるかもしれませんが、バンコクだとまだそのような
機会も少ないので、少しでも自分のアンテナにひっかかったらとりあえず参加してみるをモットーにしている。

行くなら今かも? (彼の敏感期にはまるかも?)

ということで 「ニコラボ主催 第4回パターンブロック教室」に参加してきました。

初めにブロックを自由に触る時間があってから 授業がスタート

はじまりの歌  、自己紹介  、指の体操  、「今日は●月●日●曜日、天気は●●」 ご挨拶  、リズム遊びをやってからパターブロック開始

パターンブロックを使って色や形大きさの認識、平面や立体に積んでみたり、長く並べたり、高く並べたり
と色々なことをやってみます。

息子は先生と初めての教室の雰囲気に圧倒され 眉毛はハの字(超緊張の証)になるわ 自己紹介も出来ず 無言

でも開始後、30分くらいして 先生がブロックの説明をしたり、ブロックで作る船や動物の名前が出てくると
スイッチが入ったようにブロックを触り始めました。

そして自分で作ったものを先生に
「見てみて見て!」攻撃がはじまり通常モードへ突入。
母安堵。
うちの息子は走り回ったりするが好きで集中力もあまりないので机作業どうだろう。。。と
思っていましたが なんか作ってて感激
ipp ipp

授業の最後に先生が言っていた事でとても印象的だった言葉

「他の子が出来たからうちも出来るようにならないとかそういう事は考えないでくださいね。
子供は初めて来た場所では緊張するもの。ましてはご両親が居るとなると
何も出来なくて当たり前です。

まずはブロックに興味を持って触ってくれればいいのです」

他の子がきちんと挨拶がきちんと出来たり、ブロックを上手に並べれたりするのを見ると
ついつい
「うちの子も。。」と思いがちですがそんな思いは不要。

あぁそれって(他人と比べない)ほんとうに大事だな~としみじみと思いました。

そして今回 学ばせてもらったことで自宅でも取り入れたいと思っているのは

挨拶や自己紹介を初めての場所や始めての人にでもきちんとできるようなることと、
今日は●月●日●曜日 天気は。。。 という話しかけ。

明日から学校に行く前に実行してみます。

パターンブロックについてですが、私は小さい頃から今でも数学が大っ嫌いなので、
パターンブロックを使う事で視覚に働きかけ算数や図形に対する興味が沸く点では
とってもいい教材だなと思いました。

実際自分も触れてみて楽しかったです!

気になった点と言えば
「椅子が子供サイズではないので 教材を落とすたびに自分のサイズに合わない高い椅子から降りて拾ってまた
椅子に座る 」という動作が入ってしまい集中力を途切れさせる
⇒モンテッソーリの場合は生徒のサイズに合った椅子や机を必ず用意する

「●●をやってください」という先生の提示が全生徒に見えない。結果、生徒は何をやっているのか、やればいいのかがわかっていない事が多い
⇒モンテッソーリ の場合は提示することを非常に大事にしているので 提示の際は先生と生徒1対1(の事が多い)で先生がやっている手先が生徒にきちんと見えるように配慮する

でもね、今回の企画はパターンブロックを触るという導入部分なわけできちんとした学校ではありません。
だから生徒のサイズに合った椅子や机を用意することは難しいし、先生と生徒、1対1で教えるなんて事になったら今回のようなお値段では到底出来ません。

のでパターンブロックとか今回の主催者への批判とかでは決してありませんので誤解無きよう。

でも、でも、でも。。。。。
この 「子供サイズのものをそろえる」「提示をわかりやすくきちんと見せる」って
まだ体が小さく、生まれて初めてやる事を取得する子供にはとって~~~~~~~も重要なのです。

だからそこまで配慮し実践しているモンテッソーリ教育ってすごいなぁ。。。
という事を改めて感心しました。

モンテッソーリは難しくない とか言っても きちんと理解し提示ができるようになるのは非常に難しいという事は自分がよくわかっている。あと お受験用の教育法、など誤解も多い。

私も本だけではなくて、1日8時間の1週間コースを取らなかったら、真の理解はできなかったと思っています。

まぁ 1週間コース取っておきながら 、今も出来ていないのでえらそうな事言えませんが。。。。汗

と言っても、日常に簡単に取り入れられることも沢山ありますし、モンテッソーリの考え方を理解すれば子育てがかなり楽になります。

これからも 息子が何に興味があるのかを一緒に探すべく、
気になった事があったら積極的に参加してみようと思っています。

パターンブロック 参加してよかったです。

バンコク在住で興味がある方は是非!!!
ニコラボさん主催で今後も定期的にあると思います♪♪

ニコラボ Facebook
ニコラボ ホームページ

   

Leave a comment

Your email address will not be published.

*